大きな事故の発生を防ぐ点検~防火や耐震補強について見直す~

暮らしの安全を守るものを常に用意する必要性

産業用に注目

太陽光発電の歴史とは

石油のような化石燃料とは違い、枯渇することのない太陽の光エネルギーから電気をつくる太陽光発電は、クリーンでエコな次世代発電システムとして注目を集めています。このもととなる太陽電池は1954年にアメリカで発明されましたが、当時の太陽電池はとても高価で一般に出回ることはありませんでした。日本では第一次石油危機をきっかけに、石油依存のリスクを認識し太陽光エネルギーへの注目が集まりました。その後日本では国をあげて研究に取り組み、今日の太陽光発電はできたのです。太陽光発電の設置数も2000年あたりから年々増加していて、一般にも浸透してきました。主に住宅用が牽引してきましたが、政府の後押しもあり産業用太陽光発電も人気を集めてきています。

これからは産業用がより拡大

今では、作った電気を全て売電できる全量買取制度や、産業用太陽光発電設置費用を初年度で償却できるグリーン投資減税などの制度も整い、産業用も人気を集めています。過去に比べ技術面での進歩もあり、最近の太陽光発電は耐久性や効率性もアップしています。また、設置する場所も地上や屋上のみならず、天窓や壁面、窓、ひさしなど多様化しているので、今ある土地や建物を活かす形で設置が可能になってきています。メガソーラーのような広大な土地でなくとも採算が取れるようになってきているので、中規模の土地への産業用太陽光発電が今後増えていくと考えられています。また、産業用太陽光発電の設置を検討されている方は、経費と売電金額のシミュレーションをしてくれ、施工業者も紹介してくれるというサービスも出てきているので、利用してみるとよいでしょう。