大きな事故の発生を防ぐ点検~防火や耐震補強について見直す~

暮らしの安全を守るものを常に用意する必要性

安全性を確かめる

木造建築物の補強部位

耐震補強工事とは、既存の建築物の耐震性能を向上させる為に行う、補強工事のことを言います。構造や工法により調査方法や補強工事の内容が変わるので、注意が必要です。阪神大震災以降、東日本大震災の地震の災害が増え、ますます住宅に対する安全意識が増してきました。その中で日本に多い木造建築物への耐震補強がより重要視されてています。木造建築物では主に、筋交いと柱・梁を金物により緊結・筋交いの入った耐力壁をバランスよく配置・土台と柱の緊結・基礎の補強・屋根の軽量化などさまざまな方法があります。現在ではリフォームを取り扱っている業者が、耐震補強工事も一緒に取り扱っていることも多いので、不安なことがあれば確認してみることもお勧めします。

耐震補強工事をするにあたり

耐震補強工事を行う際にはまず、現地調査がありその中でも一般診断と精密診断があります。精密診断の方が補強の必要性の有無を最終的に判断するための診断になります。その後耐震診断の結果から耐震補強工事が必要と判断されると、耐震計画といい診断結果をもとに設計計画に入ります。その後、必要な補強箇所を耐震補強することにより、耐震の補強工事が終了します。耐震補強の診断から費用が発生しますが、各市区町村により無料診断や助成金が出るところもあるので、地方自治体の助成等を受ける時には事前に確認が必要になります。耐震補強業社も沢山あり、無料で簡易な調査や見積もりも出してくれるところもあるので、比較検討するためにも複数の見積もりをとって検討することが大切です。